Screen Shot 2016-08-07 at 10.51.40

『コーラック』を服用することによる便秘解消の効果に関する口コミや
ダイエットをするために使った際の危険な副作用などの情報をまとめました。
会話

『コーラック』を服用することによって

腸内に水分を集めて便を軟化させることによって、

便秘を解消させる効果があると言われています。

 

また、腸のぜん動運動を活性化させる

有効成分によっても排便促進が期待できます。

『コーラック』には食物繊維も豊富に配合されており、

腸内の善玉菌の成長・増殖をサポートしていく

『プレバイオティクス』として機能します。

 

『プレバイオティクス』が

腸内環境を整える上で重要だということは、

 

『ヤクルト中央研究所』の

公式ホームページでも以下のように書かれています。

プロバイオティクスが微生物を指すのに対してプレバイオティクスは、大腸に共生する有益な細菌の選択的な栄養源となり、それらの増殖を促進する。

出典:プレバイオティクス | ヤクルト中央研究所
引用元URL:http://institute.yakult.co.jp/dictionary/word_3.php

ただ、このブログ記事をご覧になられているということは、

『コーラック』を実際に使った方々の生の口コミや

ダイエットに使用した際の副作用について求められていると思います。

 

そこで、今回は『コーラック』の

公式販売ページで掲載されている情報を元にしながら、

便秘解消の効果副作用の症状などについてご紹介していきます。

『コーラック』の効能

『コーラック』には便秘解消の効果以外にも、
整腸作用による肌荒れ改善などのさまざまな効能も期待することができます。
会話

『コーラック』には善玉菌の栄養素となる

『プレバイオティクス』が豊富に含まれており、

 

腸のぜん動運動を活性化させる

薬用植物の『センノミド』なども配合されています。

便秘薬と一言で言っても、

配合されている成分便秘解消の仕組みによって

便秘解消以外の効果が期待できたり、できなかったりします。

 

『コーラック』を服用すると、

便秘解消以外にも以下のような効能が期待できます。

<『コーラック』で期待できる効果>
  • 不要な水分を脱水することによる『むくみの解消』
  • 腸内環境を整えることによる『肌荒れ・ニキビの改善』

『コーラック』に配合されている成分によりどういった仕組みで、

これらのような効能が得られるのか それぞれ詳しく解説していきます。

むくみの解消

むくみにはさまざまな原因がありますが、
体に溜まった余分な水分も原因の一つになっています。

食物繊維を摂取すると便秘解消に

効果的ということはよく言われていますが、

 

食物繊維には体内の

水分を吸収して保水する機能もあります。

 

このような食物繊維の作用によって、

体内の余計な水分を排出する効果があると言われています。

 

肌荒れ・ニキビの改善

腸内で悪玉菌が増殖すると腸内に有害物質が蓄積していって、
肌荒れやニキビの原因になります。

『コーラック』に配合されている食物繊維は

善玉菌を活性化させる『プレバイオティクス』としても機能し、

腸内環境を整える効果を期待することができます。

 

悪玉菌が増え続けると、

スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)などの

 

食中毒の原因にもなる有害物質が

肌にも悪影響を与えるようになります。

 

しかし、排便が促されると大便に混じって

腸に蓄積した有害物質も排出されると言われています。

 

それでは次に、『コーラック』による

便秘解消効果の仕組みについて解説していきます。

便秘解消効果の仕組み・副作用

『コーラック』には腸のぜん動運動を活性化させる有効成分が配合されており、
腸に溜まった大便の排出を促す効果が期待できます。
会話

『コーラック』には腸の動きを活性化させる、

以下のような成分が含まれています。

コーラックに含まれている有効成分
  • 薬品『ビサコジル』
  • 薬用植物『センノミド』

腸のぜん動運動を活性化

腸には大便が長期間 蓄積することを防ぐために、
腸の筋肉が収縮することで排便を促す機能があります。

腸の筋肉が動くことで排便を促す役割は

『ぜん動運動』と呼ばれています。

 

しかしながら、腸の筋肉が正常に動かしていく必要があるため、

運動不足であったり、体を動かす機会がなければ

腸の『ぜん動運動』を促すことができません。

 

しかし、『コーラック』には腸に刺激を与えて

筋収縮を活性化させる成分である、

 

『ビサコジル』『センノミド』

といったものが配合されています。

 

特に、『ビサコジル』は腸内検査の際に

排便を促すためにも使われている薬品であり、

腸のぜん動運動を促す高い効果が期待できます。

 

『ヘルスケア大学』の公式ホームページでも

『ビサコジル』の効能が以下のように書かれています。

大腸に辿り着いたビサコジルは、副交感神経を刺激して蠕動運動を促進するとともに、大腸粘膜に直接作用することで、便意を刺激して排便を促します。

また、水分が必要以上に奪われてしまうのを防ぐ役割もありますので、便のカサを増すとともにやわらかくしてくれます。

出典:便秘の薬(5)ビサコジル | ヘルスケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/article/002525/

それでは続いて、『コーラック』を使ったダイエットの仕組みや

注意すべき副作用の危険性についてご紹介していきます。

 

ダイエットの仕組み・副作用の注意点

『コーラック』に限らず、便秘薬はダイエットにも使われていることがありますが、使用する際には副作用の危険性もあらかじめ把握しておきましょう。

『コーラック』を服用することでダイエット出来たと

感じる理由としては以下のようなものが考えられます。

<コーラックによって体重が減少する理由>
  • 腸内の宿便が排泄される
  • 体内の水分が脱水される
  • 食物の栄養が吸収される前に排泄される

『コーラック』を服用することで

体重が減少する理由を確認してもらえれば、

 

健康的なダイエットではない

ということが分かると思います。

 

また、体重が減少している主な要因は

体内の水分が脱水していることで、

 

体脂肪が燃焼されないことには、

見た目的にもスッキリとした体型を期待することはデキません。

 

副作用

さらに、『コーラック』を長期的に服用し続けると

体内の水分不足が原因でカラダがむくんだり

脱水症状を引き起こすリスクがあります。

 

こうした副作用に悩まされても、

服用を続けてしまうと命を危険に晒すことにもなるため、

 

『コーラック』の過剰摂取はしない

ということを心がけておきましょう。

 

『コーラックでダイエットはNG
<危険な副作用>まとめ』の最後に

『コーラック』は腸内に溜まった便を軟化させることによって排便を促しますが、
ダイエット目的で過剰摂取すると脱水症状などの深刻な副作用が生じる危険性があります。
会話

『コーラック』には便秘を解消させる成分だけでなく、

腸内環境を整える『プレバイオティクス』も含まれており、

 

腸内環境を整えながら、

便秘解消を期待できる内服薬になっています。

 

過剰に摂取することは避けながら、

適量を守って適切に使用していきましょう。

今回のブログ記事では、『コーラック』の

便秘解消効果に関する口コミ、副作用の危険祭などについてまとめました。

 

便秘薬には、対症療法的に便を柔らかくして排便を促すものや

腸内環境を整えて根本的に原因を解決するものがあります。

会話

あなたの便秘の状況目的に合わせて、

最適な便秘薬を活用していくようにしましょう。

<参考サイト>

出典:プレバイオティクス | ヤクルト中央研究所
引用元URL:http://institute.yakult.co.jp/dictionary/word_3.php

出典:便秘の薬(5)ビサコジル | ヘルスケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/article/002525/