Screen Shot 2016-08-07 at 08.35.37

イネ科花粉症は秋に穀物が収穫される時期にピークとなります!
イネ科花粉症の症状を確認して市販薬で対策を取っていきましょう!
会話

イネ科花粉症は穀物類が発する花粉だけじゃなくて

穀類によって生産されている食べ物によっても影響を受けるから、

 

しっかりとイネ科花粉症の症状が出ている

原因を突き止めることが大事だよ!☆

日常的に摂取している食べ物や飲み物の中にも

イネ科花粉症の原因となるアレルギー物質が含まれています。

 

また、季節の変化によっていつもの行動圏内であったとしても

花粉の影響でカフ賞を発症してしまうこともあります。

 

イネ科花粉症の時期はいつまで続くのか?

イネ科の花粉が飛散する時期は5月〜8月がピークです!
会話

イネ科花粉症は秋の収穫の時期に生じる

稲の籾殻や脱穀をする際に生じる粉塵なども

アレルギー反応の原因となっているから注意してね!

イネ科花粉症の症状

イネ科花粉症の症状は一般的な花粉症と同じですが、
数多くの食べ物や飲み物にもアレルギー物質が含まれるため
アナフィラキシーショックなどを発症させてしまうリスクが比較的高いです!

三大花粉症としては以下のものが有名です。

三大花粉症
  • スギ花粉症
  • イネ科花粉症
  • ブタクサ科花粉症

この中でも、イネ科花粉症は食物として

食生活でとっても馴染みのあるものが多く、

 

アレルギー反応に気づかずに摂取してしまったために、

アナフィラキシーショックを発症させてしまうリスク

他の三大花粉症と比べて圧倒的に高いです。

 

イネ科花粉症の症状は他の花粉症と同じように、

  • くしゃみ
  • 鼻づまり
  • 鼻水

といった一般的な症状が主です。

 

イネ科花粉症の症状を悪化させる食べ物

イネ科花粉症は食べ物によって
花粉症の症状を悪化させてしまうリスクが高いです!

イネ科の植物は食べ物として使われていることが多く、

日常生活に馴染み深いものでも食べる際には注意が必要です。

お米

米

パン

パン

麦茶

麦茶

食生活でもよく馴染みのあるイネ科植物によって

作られた食べ物・飲み物の代表例には、

お米・パン・麦茶があります。

 

もともとアレルギー反応があって

こうした食べ物を控えている方もいらっしゃいますが、

 

人によってはイネ科花粉症を発症している際に

こうした食べ物を食べることで症状を

悪化させてしまう場合もあります。

 

花粉症の時期でなければ問題なかったとしても

5月から8月の頃にはイネ科植物による食品には気をつけて下さい。

 

イネ科花粉症の治療・対策に効果的な市販薬ランキング

※ランキングは管理人の独断と偏見で付けています。

イネ科花粉症による症状は
一般的な花粉症とほとんど変わらないので、
花粉症対策全般としてオススメな市販薬をご紹介します!

会話

花粉症の症状の中でも、

特に目の痒みや充血といった症状がひどいのであれば

 

抗ヒスタミン作用の成分を含んでいる

目薬を点眼する方法が効果的だよ!☆

1位:ザジテンAL点眼薬

ザジテンAL⇒ 商品の詳細をみる

目のかゆみを抑える効果:最強

特徴:病院でも処方薬として使われている

ザジテンAL点眼薬は市販されている目薬の中では

トップクラスの効き目が期待できます!

 

市販されている目薬でありながら、

花粉症対策の目薬として病院でも処方されています。

 

病院に行く時間が取れないけど、

強力な薬を使いたい方にはとてもオススメな目薬です!

 

2位:アルガードクリアブロックEX

アルガード

⇒ 商品の詳細を見てみる

目のかゆみを抑える効果:強

特徴:花粉症による目のかゆみで悩んでいる人々の間で大人気!

眼球に関係する花粉症の症状の中でも、

目の痒みを抑えたいのであれば

アルガードクリアブロックEXがオススメです!

 

ザジテンAL点眼薬のように処方されているわけではないので、

効果はもう少しマイルドなものですが、

市販薬の中では効き目が強い方です。

 

ザジテンAL点眼薬が見当たらなかった場合などには、

アルガードクリアブロックEXをとりあえず使ってみましょう!

 

3位:アイリスAGガード

アイリス⇒ 商品の詳細を見てみる

目のかゆみを抑える効果:中

特徴:点眼した時に『清涼感』が感じれられてすっきりする!

目薬を点眼した際に清涼感を感じたい方には

アイリスAGガードがオススメです!

 

僕も眼すぐりを点眼した際には

すっきりした爽快感がなければ点眼した気がしないので、

 

目薬を選ぶ際には

清涼感のあるものを選ぶようにしています。

 

4位:アルガードコンタクトa

アルガードコンタクト⇒ 商品の詳細を見てみる

目のかゆみを抑える効果:弱

特徴:コンタクトをつけながらでも点眼できて便利!

コンタクトを日常的に着用していて、

目薬を点眼する際にいちいち取り外すことが面倒な方には

アルガードコンタクトa がとてもオススメです!

 

他の市販されている目薬と比較すると

花粉症に対する効能はそれほど高くありませんが、

 

コンタクトを外す必要が無いので、

気軽に点眼することができます!

 

5位:アイフリーコーワAL

目のかゆみを抑える効果:弱

特徴:点眼した際にソフトで、目に染みるタイプが苦手な人におすすめ!

目薬を点眼する際に目に染みることが苦手な人には

アイフリーコーワALがオススメです!

 

効能は市販されている目薬の中では平均的ですが、

点眼する際の眼球への刺激性の少なさではピカイチです!

 

人によっては清涼感やマイルドさといったものも

大変重要な選定基準になりますので検討してみてください。

 

イネ科花粉症の症状を
緩和させる市販の飲み薬BEST5!

※ランキングは管理人の独断と偏見で付けています。

花粉症の症状を抑えるための市販薬において、
目薬以外にも効果的な内服薬もご紹介していきます!

1位:ザイザル

目のかゆみを抑える効果:強  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:少しだけ

ザイザルは市販されている花粉症対策の内服薬の中では

効能はトップクラスだということができます!

 

服用することで得られる効能を考慮すれば

副作用の症状も比較的小さいとはいえますが、

 

眠気といった副作用が心配な場合には、

就寝する前に服用するようにしましょう!

 

2位:アレグラ

目のかゆみを抑える効果:中  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:ほとんどない

アレグラは効能と副作用のバランスが取れた

花粉症患者の方全員におすすめできる内服薬です!

 

花粉症の症状がいきなりピタッと止まるほどの効能はありませんが、

副作用による身体への負担もかなり小さいことがメリットです。

 

花粉症の症状を軽くでも良いから抑えたいという方には

大変オススメな内服薬となっています。

 

内服薬に対して特にこだわりがないのであれば、

まずはアレグラを服用してみると良いと思います。

 

3位:ジルテック

目のかゆみを抑える効果:強  服用回数:1日1回(就寝前)

効果持続時間:24時間    副作用:強い眠気

ジルテックは花粉症の症状の中でも

特に鼻炎による『くしゃみ・鼻水・鼻づまり』といった

症状を緩和させることに特化した内服薬になります。

 

しかしながら、ジルテックを服用すると

強い眠気を感じてしまう副作用が大きいため、

夜間に就寝する直前に服用することをオススメします。

 

4位:アレジオン

目のかゆみを抑える効果:中  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:ほとんどない

アレジオンもジルテックのように主に鼻に関する

花粉症の症状を抑えるために開発された内服薬になります。

 

ジルテックよりも症状を抑える効能は劣りますが、

眠気といった副作用の心配が殆ど出ないといったメリットもあります。

 

副作用のせいでなかなか日中に内服薬を

服用できないことを悩んでいる方にはオススメな薬となっています。

 

5位:クラリチン

目のかゆみを抑える効果:弱  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:眠気の作用がない

クラリチンはアメリカではメジャーな

市販されている花粉症対策の内服薬になります。

 

アメリカでメジャーな内服薬ということで

副作用を心配してしまう方が多いと思いますが、

 

日本で市販されている内服薬の中でも比較的効能は抑えめで、

副作用による眠気といったものもほとんどありません。

 

『2017年版イネ科花粉症のピーク時期到来!
症状を市販薬で対策!』の最後に

イネ科花粉症は5月から8月にピークになりますが、
ドラッグストアで取り扱われている市販薬でも十分に対策できます!

他の花粉症との違いとしては、
イネ科植物が使われている食べ物を食べることで症状の悪化や
アナフィラキシーショックのリスクが高いということを抑えておきましょう!

会話

今回紹介した目薬や飲み薬は全て市販薬だから、

ドラッグストアで購入することができるよ!

 

病院を受診する時間が

なかなか取れない方のお役に立てれば幸いです☆

もし、市販薬を購入するよりも

病院で受診して薬を処方してもらいたい場合には、

コチラの記事が参考になると思います。