Screen Shot 2016-08-07 at 09.18.11

ナガハグサはイネ科雑草の一種であり 6月から7月頃の夏の時期に火粉の飛散がピークです。
今回のブログ記事では、ナガハグサ花粉症の症状・対策、そして効果的な市販薬を紹介します!
会話

ナガハグサはイネ科雑草の1つであるため、

ナガハグサ花粉症は『雑草アレルギー』の一種として分類されます。

 

とはいっても、雑草の花粉が粘膜に付着した結果、

ヒスタミンの過剰分泌によって炎症が起きるという点では

花粉症とほとんど違いがないとも言えます!

ナガハグサ花粉症とは?対策・効果的な市販薬のまとめ

ナガハグサ花粉症の症状としては、
一般的な『くしゃみ』・『鼻水』・『鼻づまり』といったものに加えて、
『喉の痒み』や『湿疹』といった『雑草アレルギー』に多い症状も見られます!

会話

ナガハグサの花粉飛散のピークは6月から7月にかけてですが、

花粉は5月頃から飛散し始めています。

 

さらに、ナガハグサは雑草であるため日本全域で植生が見られ、

道端や堤防、そして河川敷などを歩く際には注意が必要です!

ナガハグサの特徴まとめ

ナガハグサ花粉症は5月から7月の期間に注意が必要ですが、
他のヒノキ花粉症やイネ科花粉症の時期と重なっているために
ナガハグサなどの『雑草アレルギー』を持っていることに自覚がない場合もあります。
会話

ナガハグサはイネ科雑草ということで、

人々の生活圏でもよく植生が見られます。

 

そのため、ナガハグサ花粉症の時期でなければ

毎日使っている道路でも歩いているだけで

花粉症が発生してしまうこともあります。

ナガハグサの飛散量がピークに達する時期

ナガハグサ花粉症が飛散するピークは6月から7月の2ヶ月間です!
5月から花粉は飛散し始めますが6月から急激に飛散量画像化する傾向にあります!

ナガハグサ花粉症のように

『雑草アレルギー』による症状の場合には、

 

飛散する時期が重なっているヒノキ花粉やイネ科植物の花粉などを

花粉症の原因として誤って認識してしまうことが多いことです。

 

その結果、せっかく花粉症対策をしていても

ナガハグサの花粉が大量に飛散している場所を歩きまわってしまい、

 

なかなかナガハグサ花粉症の症状が改善されない、

といった状況にもなりかねません。

 

ナガハグサ花粉は日本全国で飛散

ナガハグサ花粉は日本全国で飛散するため、
日本で生活していればある程度のナガハグサ花粉は吸い込んでしまいます。そのため、幼い頃から徐々に耐性ができているため
ナガハグサ花粉症によって重篤な状況にまで症状が悪化することはほとんどありません。

ナガハグサ花粉症の他にも『雑草アレルギー』には、

ギョウギシバ・シラゲガヤ・コヌカグサなどさまざまな原因があります。

 

そして、雑草をそれぞれ見分けることは

現実問題としてほとんど無理だと考えられるため、

 

『雑草アレルギー』が発生する時期をおおまかに把握したら、

あとは花粉書対策のマスクやメガネを着用して接触を避けることが現実的です。

 

また、場合によっては病院で花粉症外来を受診して、

アレルギー検査を受けてどの種類の植物・雑草の花粉に対して

アレルギー反応が出てしまうのかチェックすることもオススメです!

 

ナガハグサ花粉症の対策方法

『雑草アレルギー』による花粉症の場合には、
スギ花粉症やヒノキ花粉症のように視覚的に避けることが不可能です!そのため、花粉が体に接触してしまうことを前提にして、
可能な限り症状を抑えられる工夫をご紹介します!
会話

ワセリンを体にあらかじめ塗布しておくことで

花粉アレルゲンが皮膚上を移動することを防止したり、

 

外出する『時間帯』や『天候』をチェックすることでも

花粉アレルゲンとの接触を大幅に減らすことができます!

ワセリンならナガハグサ花粉症の対策にも使える!

ワセリンは肌の保湿や抗炎症効果もある万能薬として有名な軟膏ですが、
なんと花粉症対策としても効果的に使うことができます!

まず、ワセリンを肌に塗る際の注意点ですが、

『精製度』が低く不純物が大量に含まれているワセリンの場合は

肌を参加させてしまい日焼けしたように焼けてしまう可能性があります。

 

もし、肌が参加してしまうことが気になるようであれば、

ワセリンを購入する際に『精製度』が高いものを選ぶようにしましょう!

 

ワセリンは粘性の高い軟膏のため、

花粉アレルゲンが皮膚に付着した際にキャッチして

それ以上移動して 粘膜に付着することを防止できます。

 

ナガハグサ花粉症の時期の外出する際のポイント

ナガハグサ花粉症のように雑草の花粉の場合には
視覚的に花粉アレルゲンを避けることが難しいため、
そもそも花粉との接触の心配がないタイミングで外出します!

花粉アレルゲンの飛散量は、

同じ1日でも時間帯によって大きく異なります。

 

例えば、サラリーマンが出勤する

午前7時頃から午後3時頃までの時間帯だと

花粉アレルゲンの飛散量が多くなる傾向にあります。

 

一方で、人通りが少ない

深夜から早朝にかけての時間帯であれば、

花粉アレルゲンもほとんど飛散する心配がありません。

 

また、天候によっても花粉の飛散量は大きく変わります。

雨が降っている日には花粉が全く飛散しませんが、

 

晴天で乾燥している日には

花粉がより多く舞いやすい傾向にあります。

 

ナガハグサ花粉症の症状に効果的な市販薬

ナガハグサ花粉症には一般的な花粉症の症状に加えて、

『喉の痒み』や『湿疹』といった症状が発言する場合もありますが、

 

以下でご紹介している市販薬であれば、

ナガハグサ花粉症の症状を効果的に抑えることができます!

アルガード鼻炎ソフトカプセルEX(ロート製薬)

アルガード鼻炎ソフトカプセルEXには免疫機能の働きを抑制させる効果があります!
花粉症は花粉アレルゲンに対して免疫が過剰に反応してしまうことが原因のため、
免疫機能の花粉アレルゲンに対する作用が弱まれば症状も改善されます。

アルガード鼻炎ソフトカプセルEXには副交感神経を不活性化させて、

交感神経を活性化させる効果があります。

 

副交感神経には免疫機能を強化・メンテナンスする役割があるため、

花粉アレルゲンに対する免疫反応を弱めることができます。

 

パブロン鼻炎薬カプセルSα(大正製薬)

花粉症の症状はくしゃみや鼻水のようにすぐに治療できるものから、
『喉の痛み』などのなかなか治らない症状もあります。パブロン鼻炎薬カプセルSαを服用すれば、
花粉症の症状に対する即効性と症状の緩和が期待できます!

パブロン鼻炎薬カプセルSαには

異なる水溶性の顆粒が含まれており、

 

花粉症の症状を対症療法的に抑制させる効果

症状を長時間にわたって治療する効果が期待できます!

 

『ナガハグサ花粉症のピーク飛散時期!
症状と対策・効果的な市販薬』の最後に

ナガハグサ花粉症のピーク時期から症状の特徴、
そして花粉症に効果的な対策や市販薬をご紹介していきました!

会話

ナガハグサ花粉症は雑草であるナガハグサが原因となっていますが、

外出している際に雑草を見分けるて避けることは難しいです。

 

そのため、外出の時間帯などを工夫することで

花粉アレルゲンとの接触を避けていくことが大切です!

今回のブログ記事が『雑草アレルギー』に関する

お悩み解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の

全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。