ラクトプランL-137

乳酸菌サプリメント『ラクトプラン L-137』の効果や口コミ・副作用について購入を検討している方のために分かりやすくまとめてご紹介していきます。
ラクトプランL137の公式ページを見てみる
会話

『ラクトプランL-137』は乳酸菌サプリメントの中でも、特に免疫力の向上を目的として開発されたものになります。また、『ハウス食品株式会社』が製造・販売しているということで信頼性も高いと考えられています。

『ハウスダイレクト』公式ホームページでは、『ラクトプランL-137』に配合されている乳酸菌加熱菌体やビタミンB群、そしてビタミンcが体の免疫力向上に有効だと書かれています。

「ラクトプランL-137」は“食”と“健康”のハウスが長年の研究を経て見つけ出した乳酸菌加熱菌体“HK L-137”にビタミンB群(4種類)とビタミンCを配合したサプリメントです。体が本来持っている「守る力」をサポートします。

出典:ラクトプランL-137 | ハウスダイレクト
引用元URL:https://www.house-direct.jp/product/lp_l137

ただ、このページを訪問してくださったということは、『ラクトプランL-137』の口コミや評判を求めてきて来られていると思います。ですので、当サイト編集部で調べられる限りの生の声を集めましたので 以下を詳しくご覧下さい。

『ラクトプランL-137』の効果や口コミ・評判について

『ラクトプランL-137』に主に配合されている成分は『乳酸菌加熱菌体HK L-137』というもので、生きたまま腸に届く生命力の高い乳酸菌として注目されています。
会話

一般的に乳酸菌は体温の熱や胃酸などの消化液に含まれている酸に対する耐性が弱いため、食事やサプリメントなどによって摂取されたとしても、取り入れられた乳酸菌のほぼすべてが早々に死滅しています。

そこで、『ハウス食品株式会社』が酸や熱への耐性が強い乳酸菌の研究開発に取り組んだ結果、『乳酸菌加熱菌体HK L-137』という菌体を作ることに成功しました。

『乳酸菌加熱菌体HK L-137』は『HK L-137』という種類の乳酸菌を加熱殺菌したものになるのですが、ハウス食品株式会社が開発した特殊な加熱処理を施すことによって、酸や熱に対して強い体制を持った菌体に変性させることができました。

それでは続いて、『乳酸菌加熱菌体HK L-137』という生きたまま腸に届く強い乳酸菌を摂取することで、いったいどういったメリットが得られるのか具体例を示しながらご紹介していこうと思います。

有害物質の減少による免疫力向上

腸内の悪玉菌の働きが活性化すると、悪玉菌によって分泌される有害物質が体内に大量に蓄積して、さまざまな形で体に悪影響を及ぼすようになります。

悪玉菌の働きが活発になるとさまざまな有害物質が腸内で生成・分泌されていくようになります。悪玉菌が活性化することで以下のような有毒物質が体内に蓄積していくことになります。

<体内に蓄積する有毒物質>
  • スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)
  • 腐敗物質(パラクレゾール)

スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)

スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)は善玉菌が乳酸や酢酸を分泌するように、悪玉菌が成長・増殖していく過程で、分泌されながら徐々に体内に蓄積していきます。

スタフィロコッカス属が体内に蓄積していくと、以下のような 慢性的な悪影響が見られるようになります。

スタフィロコッカスによる体への悪影響
  • 疲労感がなかなか取れない
  • 傷口が化膿しやすくなる
  • 免疫力が低下する

腐敗物質(パラクレゾール)悪玉菌の働きが活発になると胃酸の分泌が滞ることなどによって腸内の酸性が弱まってしまうようになります。

その結果、摂取した食物がしっかりと消化しきれない状況になり、腸内で食物が腐敗してしまいます。

こうした経緯で、腐敗した食物が増えていくことで、腐敗物質(パラクレゾール)が腸内に蓄積していきます。

腐敗物質(パラクレゾール)が腸内蓄積していくと、スタフィロコッカス属と同様に慢性的な体調不良といった症状などが出てきますが、中でも特に注意が必要なのは、大腸ガンの原因にもなりかねないということです。

このように、腸内環境を整えることを常に意識しておかないと、腸内で悪玉菌が増殖して体に負担をかけることになります。

そのため、予防策として善玉菌を継続的に腸に取り入れることで、善玉菌の働きをサポートしておけば、善玉菌の成長・増殖を活性化させる乳酸や悪玉菌を直接的に殺菌する酢酸などが分泌されるようになり、腸内環境が整えられていく効果が期待できます。

アレルギー症状の改善・予防

腸内環境を整えることで免疫細胞の働きを正常化することができ、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の発症を予防したり抑制する効果が期待できます。

アレルギー症状はアトピー性皮膚炎や花粉症などのさまざまな形で発症しますが、根本的な原因は何らかのアレルゲン物質に対して免疫細胞が過剰に防衛反応を示してしまうことにあります。

免疫細胞が過剰に体を防衛しようとすると、ヒスタミンという物質が過剰に分泌されることになります。

ヒスタミンはもともと細胞内に存在するものですが、過剰に分泌されると細胞外に放出されてしまい、粘膜に炎症を起こしてしまうことになります。

また、体内に存在している免疫細胞の60%以上は腸内に集中しているとも言われており、善玉菌によって腸内環境を整えるだけでも、大半の免疫細胞の働きを正常化できると考えられています。

こうした理由から 腸に生きたまま届く乳酸菌を継続的に摂取することで免疫力が向上すると言われています。

副作用で注意すべきポイント

乳酸菌サプリメント『ラクトプランL-137』自体に副作用はありませんが、原材料に乳製品が含まれているためアレルギーに対して注意が必要です。
会話

『ラクトプランL-137』は内服薬ではないため、処方薬を服用するときのように副作用を心配はありませんが、原材料に乳製品が含まれているため、乳製品アレルギーを持っている人は使用を控えて下さい。

最後に

乳酸菌サプリ『ラクトプランL-137』は免疫力を向上させることを目的に研究開発されたサプリメントであり、乳酸菌加熱菌体『HK L-137』が主な成分となっています。
会話

ハウス食品が『HK L-137』という乳酸菌を加熱処理したことで、熱・酸耐性の強い 乳酸菌加熱菌体『HK L-137』というものを作ることができました。

さらに、『ラクトプラン L-137』には他にもビタミンB群やビタミンCも配合されているため、カラダの免疫力を総合的に高めることができると言われています。