Screen Shot 2016-08-07 at 08.46.43

タリオン錠は第二世代抗ヒスタミン薬のため、花粉症や蕁麻疹の症状を緩和させることができます。

その一方で、アレグラなどと比べると効能は高く即効性もありますが、眠気といった副作用が発言しやすい傾向にあると言われています。

会話

タリオン錠はもともと 花粉症対策の薬というよりも、蕁麻疹などのアレルギー性の皮膚炎などを抑えるために作られたものですが、第二世代抗ヒスタミン薬ということで、体内でのヒスタミン分泌を抑制させることによって花粉症も緩和させられることが期待できます!

花粉症の症状にはタリオン錠が効果的!

タリオンはアレグラやアレロックなどの花粉症対策薬と比較すると、症状を抑える河野が高く即効性もありますが、効能が高いこともあり、アレグラやアレロックと比較して眠気などの副作用が出やすい傾向にもあると言われています。

会話

タリオン錠の服用によって、症状の改善が期待できる花粉症の症状としては以下のものがあります。

  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギーによる皮膚のかゆみ

その一方で、タリオン錠を服用することによって発現する可能性のある副作用には以下のものが含まれます。

  • 強い眠気
  • 吐き気
  • 倦怠感

花粉症の症状に対するタリオン錠の効能・副作用

花粉症対策として病院から処方される薬としてはアレグラやアレロックなどがタリオンよりも一般的ですが、アレグラやアレロックが処方されやすい理由としては花粉症の症状を抑える効能はまあまあといった所ですが、副作用の心配がほとんど無いというメリットがあるからです。

その一方で、タリオンはアレグラやアレロックなどのメジャーな花粉症対策薬と比較すると、花粉症の症状を抑える効果がより強く 即効性もありますが、眠気や倦怠感といった副作用も強く発現される場合が多いです。

そのため、日中は仕事や家事で忙しい方にはアレグラやアレロックなどによる症状の改善がおすすめですが、花粉症の症状があまりにもひどく、仕事や家事もままならないような状況の場合であればタリオンを服用して集中的に治療する方法も有効だと考えています。

あなたの生活習慣やライフスタイルに応じて、薬の効能や副作用のバランスを考慮しながら活用していきましょう。

もちろん、アレグラ・アレロック・タリオンなどの薬は身体との相性によっても効能・副作用に違いがあることにも注意です。

タリオン錠の成分・服用の仕方

タリオン錠の成分  :『ベポタスチンべシル酸塩』
タリオン錠の服用回数:1回10mg、1日2回復用(成人の場合)
※錠剤の服用が困難な場合にはOD錠(口腔内崩壊錠)の選択も可能
会話

ベポタスチンベシル酸塩には『抗ヒスタミン作用』があるから、花粉症の原因となっているヒスタミンの体内での作用を抑えられます。

また、OD錠(口腔内崩壊錠)も購入できるため、錠剤の服用が困難な方であってもタリオンを服用することができます。

タリオン錠は『第二世代抗ヒスタミン薬』として販売されています。

『第一世代抗ヒスタミン薬』の場合には、眠気や倦怠感、吐き気といった薬の副作用に悩む場合が多かったですが、

『第二世代抗ヒスタミン薬』はヒスタミンの体内分泌を効果的に抑制しつつ、副作用の影響も大幅に減らすことに成功しました。

花粉症はそもそも花粉アレルゲンが粘膜に付着した際に免疫が過剰に反応して、大量に分泌されたヒスタミンが細胞外に放出されて粘膜で炎症をおこすことが原因となっています。

そのため、『第二世代抗ヒスタミン薬』を服用することで、効果的に花粉症の症状を抑える効果が期待できます。

タリオンの錠剤には5mgと10mgの2種類が存在しますが、成人の場合であれば1日に2回服用し、1回の服用で10mgを摂取します。

老人や子供などの錠剤を飲み込むことが困難な人の場合であれば、OD錠(口腔内崩壊錠)も購入できるため錠剤と代用することが可能です。

タリオン錠を服用する際には薬の飲み合わせに注意が必要

タリオン錠には強力な『抗ヒスタミン作用』があるベポタスチンベシル酸塩が含有されているため、タリオン錠の他にも『抗ヒスタミン作用』のある薬を服用してしまうと『抗ヒスタミン作用』を享受する一方で副作用の発現も大きく出てしまいます。

タリオン錠には『抗ヒスタミン作用』があるため、他の花粉症対策薬などとの飲み合わせが悪いので注意が必要です。

一般的に言えることですが、『抗ヒスタミン作用』のある薬剤を服用している間は他の『抗ヒスタミン作用』がある錠剤や飲み薬を服用しないようにします。

同時に『抗ヒスタミン作用』がある薬を幾つか服用してしまうと、体内でのヒスタミン分泌が大幅に抑制される一方で、副作用の症状も大きく発現してしまいます。

飲み合わせの相性を確認する際には薬の名前だけでは不十分で、薬に含まれている成分で判断するようにします。

『抗ヒスタミン作用』がある成分には以下のようなものがあります。薬の成分表を見たり ネットでリサーチして確認するようにしましょう。

主な抗ヒスタミン成分
  • クレマスチンフマル酸塩
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩
  • ジフェールピラリン塩酸塩

タリオン錠のジェネリック型医薬品の購入について

現在のところ、購入可能なタリオン錠は販売されていません。

アレグラやアレロックなどのジェネリック型医薬品は、オンラインショップなどで購入可能ですがオススメはしていません。

ジェネリック版の医薬品を購入して私的な目的で服用する上では問題ありませんが、もし万が一、ジェネリック薬の服用によって健康被害を被ってしまったとしても、日本が認可していない医薬品だった場合には、医療機関にかかる治療費用などの補助を受けることができません。

会話

もし、アレグラやアレロックなどのジェネリック版医薬品の個人輸入や服用を考えている場合には、こちらのブログ記事で個人輸入の危険性について解説しているので参考にして下さい。

『タリオンの効能に花粉症?副作用に蕁麻疹や眠気?飲み合わせに注意』の最後に

タリオン錠はアレグラやアレロックよりも花粉症に対する効能が強く即効性がある一方で、副作用の症状も大きく発言してしまう可能性が高いです。

『抗ヒスタミン作用』が強力な『ベポタスチンべシル酸塩』が含まれているため、他の抗ヒスタミン薬との飲み合わせは厳禁なので注意が必要です。

会話

花粉症対策薬としても使われているタリオン錠ですが、特にアレルギー性鼻炎や蕁麻疹などの皮膚の炎症にも大きな効果を発揮します!

今回のブログ記事では花粉症対策としてタリオン錠を服用した際の効能や副作用、そして他の薬と併用する際の注意点をご紹介しました。

タリオン錠は効能が強いですが、眠気や倦怠感といった副作用の発現も強めに出る。

ということを覚えておいてもらえれば他の花粉症対策薬との使い分けが適切にできると考えています!

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。