Screen Shot 2016-08-06 at 21.36.12

アメリカへの海外旅行を計画する前に、
アメリカでの花粉症の時期と場所をまとめて確認しておきましょう!
会話

日本の花粉症の時期ではないからって、

油断してアメリカへ海外旅行に出かけちゃうと

案外現地での火粉の飛散がスゴいこともあるから注意してね!☆

アメリカにおける花粉症の時期・場所

アメリカでは世界三大花粉症のうち『ブタクサ花粉症』に気をつけましょう!
アメリカ北東部とアメリカ西部のそれぞれの場所によって花粉が飛散する時期が異なります。
会話

  • アメリカ北東部:8月上旬〜10月中旬
  • アメリカ西部 :4月上旬〜7月中旬

それぞれの地域では上に示されている時期に

『ブタクサ花粉症』への対策を忘れないようにね!☆

アメリカで悩まされる『ブタクサ花粉症』の特徴

ブタクサ花粉の特徴は以下の2つです!

  • 他のスギ花粉などと比較するとブタクサ花粉の粒子は小さい
  • ブタクサ花粉の飛散量は他の花粉より比較的少ない
会話

ブタクサ花粉は他の花粉と比べると花粉の飛散量が少ないから、

比較的花粉を避けることが簡単よ!☆

 

でもその一方で、ブタクサ花粉の粒子はとても小さいから、

気管にまではいってきて喘息に悪化しやすいから気をつけよう!

ブタクサ花粉症による症状には注意!

ブタクサ花粉症の症状としては 一般的な花粉症の症状に加えて、
粒子が小さくて気管の奥まで入ってくるために喘息になるリスクが高いです!

どんな種類の花粉アレルギーでも

一般的に花粉症になると以下のような症状が見られます。

  • くしゃみ
  • 鼻づまり
  • 鼻水

また、花粉症の症状である『咳』をそのまま放置しておくと

花粉が飛散している間は風邪のように自然治癒しにくいために、

症状が悪化して喘息になってしまう危険性があります。

 

実は、ブタクサ花粉は他の花粉の粒子と比べて

よりいっそう小さくできているので、

 

花粉が飛散している地域に足を踏み入れてしまうと、

簡単に気管の奥にまでブタクサ花粉が入り込んでしまいます。

 

その結果、他の花粉による花粉症と比べて

喘息に悪化してしまう可能性がかなり高いのです!

 

アメリカでブタクサ花粉が飛散している時期に

花粉症の症状が見られるようであれば、

 

症状が悪化しないうちに

早めに病院で処方薬を手に入れておくようにしましょう!

 

ブタクサ花粉症は比較的予防が簡単!

ブタクサ花粉の飛散量は他の花粉と比べると少ない傾向があり、
ブタクサ花粉が飛散している地域を避けるようにすれば簡単に予防できます!

ブタクサ花粉症を発症してしまうと厄介ですが、

ブタクサの花粉は他の花粉と比較すると飛散量が少ないので、

 

あらかじめ花粉が飛散している地域・場所を把握しておいて

花粉が飛散する時期には近づかないように注意しておけば、

 

余程のことがない限りブタクサ花粉症で

症状を悪化させることにまではなりません。

 

ブタクサ花粉が飛散する時期だけでなく

場所まで把握しておくように心がけて下さい!

 

アメリカでの花粉症対策

アメリカへの海外旅行を計画する際には、
アメリカ現地で実践できる花粉症対策を準備・把握しておきましょう!
会話

アメリカでも花粉症の時期になれば

ドラッグストアーなどでさまざまな種類の

花粉症対策の市販薬を購入できるようになるけど、

あらかじめどんな薬が必要か確認しておけば安心だよ!

クラリチンの効果・副作用

アメリカの花粉症対策の市販薬としては『クラリチン』がメジャーです。
あらかじめ『クラリチン』の効果や副作用を確認しておきましょう!

  • 目のかゆみを抑える効果:弱
  • 服用回数:1日1回
  • 効果持続時間:24時間
  • 副作用:眠気の作用がない

クラリチンは他の飲み薬と比べると

花粉症に対する効き目は弱めではありますが、

その分 副作用による眠気の症状が全くありません。

 

日中にどうしても片付けなければならない仕事などを

抱えられている方には大変オススメな飲み薬だといえます。
アメリカへ海外旅行へ言っているわけなので

日中はアクティブに行動できたほうが良いと思います。

 

だから、花粉症への効き目は若干弱くても

眠気の副作用がないことはポイントだと考えますが、

 

もし、眠気を感じてでも

一気に花粉症の症状を抑えたいという場合には、

あらかじめ日本で目的にあった花粉症の市販薬を買っておきましょう!

 

日本国内で購入できる花粉症の症状にオススメな

市販されている目薬・飲み薬はコチラの記事でまとめています!

アメリカに持って行くべき花粉症対策グッズ

花粉症の症状を抑える上では目薬の点眼や飲み薬の服用が効果的ですが、
何らかの理由で薬が飲めなかったり購入する機会がない時のために、
薬以外の花粉症対策グッズも持参していくことをオススメします!

花粉症対策のマスク

会話

花粉症防止グッズにはマスクや花粉防止スプレーといったものもあるし、
子供用の花粉症対策メガネといったものも発売されているよ☆

マスクや花粉防止スプレーといったものは認知度がある程度高いと思われますので、

今回は対策グッズの中でも花粉症対策メガネをご紹介したいと思います。

子供の目のかゆみには花粉症対策メガネが有効!

花粉症の原因となる花粉や子供の体質によっても

花粉症の症状はそれぞれ若干異なりますが、

 

その中でも目が痒くて充血してしまう子供もいます。

これも花粉が目の粘膜に触れて炎症を起こしているためなので、

 

花粉対策メガネを着用することで

花粉症による目のかゆみを防ぐことができます。

 

『海外旅行計画前に知っておきたい
アメリカの花粉症時期と場所まとめ』の最後に

アメリカへの海外旅行を計画する際には、
アメリカ北東部・西部それぞれの場所に合わせて
ブタ
クサ花粉の飛散時期を確認しておきましょう!ブタクサ花粉は飛散量が比較的少ないので
あらかじめ気をつけておけば予防できますが、
一度ブタクサ花粉症を発症すると喘息になる危険性が高いです!
会話

アメリカで緊急で花粉症対策の市販薬を購入する場合は

『クラリチン』なら簡単に入手できるわよ。

 

クラリチンの効果・副作用は以下のとおりだから、

アメリカへの海外旅行に出発する前に確認しておこうね!

また、アメリカは日本のようにすぐ近くに

お店やドラッグストアーがあるとは限らないので、

 

あらかじめ日本から花粉症対策の

市販薬やグッズを準備・持参していくことをオススメします!

 

日本で購入できる市販薬の中で花粉症対策に効果的なものを独断と偏見で

ランキング形式でご紹介している記事はコチラになります。